第4回セミナー レポート後編 夏になりやすい病気と対策
第4回セミナー「夏を元気に過ごす養生法」のレポート後編です。
前編はこちら

<夏になりやすい病気>

*胃腸風邪

冷たい物の飲み過ぎ・食べ過ぎとクーラーばかりの生活で、
胃腸機能の低下→エネルギー消耗→免疫力の低下になります。
 ◎お腹を温め、胃腸を元気にすると、胃腸の風邪の予防や対応ができます。
   
★オススメの漢方薬★ 勝湿顆粒、晶三仙

*冷房病

 
 ◎体を温め、血流をよくすることで心肺機能を高めて冷房病や寝冷えの予防・対応ができます。
   
 ★オススメの漢方薬★ 婦宝当帰膠、麦味参顆粒  
                香西洋参+冠元顆粒:新陳代謝を高め、血流をよくします。

*熱中症、脳梗塞・心筋梗塞

 <熱中症>
 汗のかき過ぎで、血液の循環量の低下や、熱の発散がうまくできず、熱が体内にこもることでなります。
 <脳梗塞・心筋梗塞>
 血液がドロドロとして血管壁がつまって梗塞を起こします。
 一過性の「脳虚血発作」では手足のしびれ、頭痛、5〜10秒言葉が詰まって出てこない状態になり、
 それが続くと脳梗塞になります。
 心筋梗塞になる前兆としては、冷や汗、背中が痛い、手に電流が走ったような痛みなどがあります。
 このような症状がある時は要注意です。
  ◎心、脳血管を守るために水分を補充し、熱中症や血液の濃縮を防ぎましょう。 

 ★オススメ漢方薬★ 
  冠元顆粒+二至丹:血流を良くし、腎の力をUPします
  麦味参顆粒:心臓の負担を減らし、体の潤いを持たせ、汗を必要以上にかきすぎないようにします。

   血流を改善し、酸素の供給を守る漢方薬として、高山の野生植物である沙棘の実から作られた
  紅沙棘(血管を守る)、心沙棘(心臓を守る)の紹介もありました。

<夏の食養生>

 ☆そうめんときゅうり 
夏のそうめんは氷水などで冷たく冷やされており、胃腸の働きを落としてしまう恐れがあります。
胃を温める中華風のかけ汁で、新しいそうめんメニューはいかがですか?
第4回 夏の養生食

かけ汁は2種類:

*豚肉と鶏肉のミンチをフライパンで炒め、しょうがやにんにくを加えて、白味噌と赤味噌を等量で味付けし、
 水でのばします。(写真:左上)
*練り胡麻と塩を混ぜたものを、少しずつ水でのばす。(写真:左下)

きゅうりは利水作用があり、しょうがやにんにくは胃を温め殺菌・消化促進の作用があります。
夏時期の水あたり、むくみ、夏風邪予防にも効く一品です!!

 ☆鶏肉のスープ料理

鶏肉だしにしょうが、にんじん、葱を入れ煮込む。アミノ酸たっぷりで栄養たっぷりです。
葱にも胃を温め、冷えを取り除く効果があります。

また、長崎で集団感染が起きている「新型インフルエンザ」の予防と対策のお話もでました。
 ★オススメ漢方薬★ 板藍茶でうがいを!!
         新型をはじめとして、A香港型・Aソ連型など、どの型のウイルスにも使えます。
         ウイルスが変異しても、対応できる生薬です!
| 第4回「夏を元気に過ごす養生法」 | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第4回セミナー レポート前編 夏の不調の原因
8月2日の第4回セミナーの報告をダイジェストでレポートします。
講師は、日本中医薬研究会専任講師、医学博士の劉伶先生です。

<夏を元気に過ごす養生法〜脳・心臓・血管を守るために〜>

まずは、夏の季節の特徴から影響を受け起きる身体の不調のメカニズムついて。
夏の不摂生は胃腸、心臓、循環系等に負担を掛け、体調を崩す原因となります。

<夏の不摂生>

☆暑い中、汗をかきすぎるとこんなに危険
  ●血が濃くなり、循環量が減少すると… → 血液ネバネバ
  ●必要以上に心臓が働き、心臓が疲れると…  → 拍出量の減少、動悸
  ●血液がネバネバで、脳血量が減ると…   → 脳貧血、めまい、立ちくらみ  
  ●尿量の減少(尿の色が濃くなる)      → 老廃物が溜まる
                      などの症状が。
脳血量が減ると脳内の酸素量も減り、脳細胞が死んでしまいます。
(5分くらい、脳に全く血液が行かないと、脳死に!!)

☆室内の冷房で冷えて…  
  ●汗の調整をする皮膚センサーの乱れ
  ●血管が収縮し、熱を逃がさないようにする為、体内に熱がこもります。
    →体が冷え、酵素が働かず、胃腸に負担をかけます。
   
<血流と血管>

人間の血管を全て繋げると、なんと10万キロ。地球の2.5周もの長さになります。
その中でも、特に細い血管が全血管の9割を占め、一番細い血管は人間の髪の毛の
1/20の細さなのです!!
この血管を通る血液が心臓から送り出され、脳や末梢血管にまで、生命を維持するための栄養、
エネルギーを運んでいます。
血液がしっかりと身体の隅々に届かないと、様々な不調をきたします。

<水分循環>

体内の血液は体重の8%を占め、血液成分のうち5割以上が水分です。

☆夏場の冷たい飲食で…
胃腸の血流が悪くなると、胃液の分泌が少なくなり消化能力が落ちてしまいます。

消化能力が落ちると…
 ,修里泙淇緤が身体の中を通過して、尿・便・汗として出ていってしまう。
 →水分の補充にならない
 ⊃慶賃綣佞落ちて、摂取した飲食物は利用(代謝)されず、そのまま体内に残る
 →むくみ、吐き気、食欲不振、めまい、下痢、老廃物が溜まる。

レポート後編は、どのように対処したらよいか。
中医学と食養生のお話しです。
続きはこちら

第4回 試飲コーナー
休憩時間には、元気が出るドリンク(スポーツドリンク+麦味参顆粒)や、
クーラーで冷えた身体を温める婦宝当帰膠などの試飲コーナーがあり、大人気でした。
| 第4回「夏を元気に過ごす養生法」 | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第4回セミナー 終了しました
8月2日(日)に、長崎中医薬研究会主催:第4回漢方健康日記セミナー
「夏を元気に過ごす養生法〜脳と心臓と血管を守るために〜」が開催
されました。
第4回 会場の様子

暑い中、また市民大清掃の後にご来場頂きましてありがとうございました。
内容がタイムリーだったからか、当日の飛び入り参加も多数あり、盛況の内に終了
致しました。

夏を元気に過ごすための養生法・漢方のお話しなど、講師の劉伶先生が猛暑の中、
初来日された時のご自分の体験を交えてお話し頂きました。
「分かりやすかった」「漢方が身近になった」と好評でした。
第4回 講師:劉伶先生講師の劉伶先生

詳しいレポートは後ほどup致します。
今後も定期的に漢方健康日記セミナーを企画しています。
ブログやラジオなどでチェックしてみて下さい!
| 第4回「夏を元気に過ごす養生法」 | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第4回 「漢方健康日記」セミナー開催決定!
第4回バナー

私たち長崎中医薬研究会は、平成20年1月からNBCラジオの朝ワイド「ヒロさんと圭のきいてモーニング」で
毎週水曜日9:33〜「漢方健康日記」のコーナーを放送しています。
 普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめ直して、漢方で健康的な暮らしのお手伝いが出来れば…と
放送を開始し、好評を頂いています。
 漢方は、カゼから婦人病、心臓や脳のトラブルまで様々な症状に対処が出来ます。皆様に漢方の素晴らしさを
知って頂きたく、「漢方健康日記セミナー」を過去3回開催してきました。

 今回は、女性中医学講師・劉伶先生をお迎えして
「夏を元気に過ごす養生法〜脳と心臓と血管を守るために〜」と題し、
身体にやさしい自然な方法で「夏を元気!」に乗り切るためのセミナーを開催することになりました。
 
 夏は外の暑さと部屋のクーラーでの寒さで血管の拡張と収縮が頻繁になり、様々な不調が出てきます。
また、汗をかくことで体液が失われて血液がドロドロになり、脳梗塞や心筋梗塞などの「突然死」が増える季節です。
 中国では、その季節を元気に過ごす養生法を一般市民も知っており、うまく生活に活かしています。

 漢方での身体づくりや生活養生法に興味のある方は、ぜひお友達とお誘い合わせの上お早めにお申込下さい!
プレゼントもありますよ♪

日時:2009年8月2日(日) 13:00〜15:30
場所:長崎市立図書館 1F 多目的ホール
講師:劉 伶先生(中医学講師・医学博士)
入場無料(先着100名様・事前申込み制)です。


★お申込方法★
パンダのマークでおなじみの長崎中医薬研究会の会員店でチケットをご用意しております。
お近くの会員店でお申込下さい。

会員店以外でも、往復葉書やメールフォーム、eメールなどで受け付けております。
下記の要項をお書添えの上、お申し込み下さい。

  ―蚕 ∋疚 G齢 づ渡暖峭 セ臆辰幹望の人数
  Ε瓠璽襯▲疋譽(はがき以外のご応募の場合)
  Щ臆嘆鷽(初めてor○度目)
  ┘札潺福爾琶垢い討澆燭せ、ご質問などあればお書き添え下さい。
           銑Г泙任鷲ずご記入下さい。
※ お送り頂いた個人情報は、セミナー参加証の発送のみに使用致します。

★往復葉書:〒851-2128 長与町嬉里郷1170-5 龍虎堂内
      「漢方健康日記」セミナー事務局 まで

★eメール:seminar@nagasaki-panda.com     
  件名に【漢方健康日記セミナー】と入力してください。

★ホームページでのお申込は下の画像をクリックするとメールフォームが開きます。
お申込はこちらから。

メールフォームリンクバナー


★携帯からもメールフォームでお申込出来るようになりました。
携帯のお申込はこちらから。
 携帯のアドレスでご応募される方にお願い
メールの受信制限をしている方は、
seminar@nagasaki-panda.comからのメールが受信出来るようにご設定下さい。
受信できないと、入場券(画像)をお送りできない事があります。
     
先着100名様をご招待致します。お早めにご応募下さい。
ご当選の方には7月下旬迄にお葉書やメールにてご連絡差し上げます。
| 第4回「夏を元気に過ごす養生法」 | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |